Top / 二次減速比
 

二次減速比

概要

  • 4DNの二次減速比はF:15/R:45の3.0となっています。
  • もともと低速トルクが強いエンジンなので減速比が高すぎるとかえってもたつくことがあり、スプロケットの歯数を変更することが多いです(SRV/ルネッサが販売されていた頃は二輪車は高速道路の制限速度が80km/hでした)。
    • よくスプロケットの歯数をと言う人がいますが正しくはT(Tooth:歯)です。丁数とは偶数の事を言います。丁か半かの丁です。全体の半数と言うと半分の数と言う意味になるので誤解を招きやすい言葉です。
  • もっともポピュラーな変更はFスプロケットの15→16です*1
  • ついでRスプロケットも替えるようなら16/44(3.0000→2.7500)もアリです。
F / R減速比UP率
15 / 453.0000--
/ 442.93332.27%
/ 432.86674.65%
/ 422.80007.14%
16 / 452.81256.67%
/ 442.75009.09%
/ 432.687511.63%
/ 422.625014.29%
17 / 462.705910.87%
/ 452.647113.33%
/ 442.588215.91%

減速比とは

  • フロントのスプロケットをドライブ、リアのスプロケットをドリブンと言います
    • 本来は動かしている方をドライブ、動かされている方がドリブンです
  • 4DNではドライブ15、ドリブン45ですから、ドライブが1回転する間にドリブンは1/3しか回らない事になります
  • 減速比とは、ドリブンに対してドライブが何回転しているかを求めたものを言います
    • よって、45÷15で3.0000

1次減速比

  • 1次減速比とはクランクシャフトの回転を減速してトランスミッションに伝えるという数字のこと
  • 4DNでは最高出力が8500rpm*2(参考->SpecSheet)なので、8500✕60(1分間)でクランクシャフトは51万回転してます
    • 1次減速比は3.130なので、162939.29回転分がトランスミッションに伝わっています

2次減速比

  • 変速比が1の時は162939.29回転がドライブスプロケットの回転数になります。
    • 4DNの2次減速比は3.000(45/15)なので、リアタイヤが1時間で54313.096回転することになります
    • ここにタイヤの外周長(だいたい2mちょっと)をかけると108626.19m、つまり108.62619km/hの速度が出るという感じです
      • ただし、トランスミッションで変速されるのでこのままというわけではありません
  • このような面倒くさい計算をしてくれるのが下記のサイトです

スプロケット計算その他(日本)

使用方法

speedrpm.jpg
  • 詳細や計算式などはProjectX+さんの解説を見て下さい
  • 画像は全体を表示するためにブラウザで縮小してあるので文字は見にくいです
    • 赤部分は設定済み
      • スプロケット15-46は試しに入れた数値です。4DNは15-45(前-後)です(15-45で設定してます)。
    • 青部分に自分の体重等を入れる
    • 他の設定部分も自分で修正できます

スプロケット計算機(海外)

  • Sprocket Calculator
  • SRV250(4DN)のスプロケットは前:15、後45
  • チェーンのサイズは520、リンク数は106

使用方法

  • 現在のスプロケット歯数、前後(T)とチェーンのリンク数(Link)を設定すると、トルクとスピードが何%変わるかを調べることができます。
    • おそらく理論値なので参考までに。

コメント(編集できない人用)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 私は体重84キロですが、16−43でまだ余裕を感じます。ドコドコ感が -- エニさん? 2016-06-15 (水) 23:16:00
お名前:

*1 減速比3.0000→2.8125
*2 1分間の回転数

添付ファイル: filespeedrpm.jpg 511件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-20 (木) 17:19:00 (787d)