オイル交換

  • エンジンオイルの交換は様々な説があります。3000km走る毎に、あるいは半年経つかどちらか早い方で交換とか、10000kmあるいは1年など諸説あります。
    • とある方の話では、水冷エンジンなら10000kmとかでも良いのではないか、空冷であれば3000kmごとが良いかもしれないと言う話もあります。
      • 推測ですが、オイルをどれだけ冷やせるかが関係していると思われます
      • オイルは熱が加わると性能(粘度等)が下がるため
      • オイルクーラーを付けるのもアリ(?)
    • 海外では日本車が性能が良い、壊れないと言うことで特に発展途上の国などではかなり古い日本車やバイクが現在も走っています。そういう所では日本と同じようにメンテナンスが行われてはいない場合もあり、それでも走っているということは掟のように決め付けなくても良いのかもしれません。
  • エンジンを酷使するような使用法なのであれば油圧計を取り付けるのも良いかもしれません
    • 多くの潤滑油の場合油温と油圧は反比例の関係にあるため、油温の上昇はそのまま油圧の低下に直結する(wikipediaより抜粋)。
  • 日本の工業製品はオーバークオリティだとも言われています。そのためほぼメンテナンスフリーでいける車両もあるわけですが、やはりメンテナンスは重要です。
    • 特に誰がどう言う使用をしてきたのかわからない中古車、また4DNにいたっては何十年も前の旧車ですからある程度定期的なメンテナンスはした方が良いでしょう。

交換概要

  • SRVのエンジンオイル規定量はフィルター交換時:1.8L、フィルター未交換時:1.6Lぐらい
  • まず、古いオイルを受けるのに2.0Lぐらい入る洗面器、あるいは専用の受け皿があるといいと思います
    • オイル交換用の廃油処理キットもあります
  • プラオイルジョッキもいるでしょう
  • センタースタンドが無い場合はジャッキアップ。
    • 下敷きになると危ないので、細心の注意が必要

手順

  1. ドレインボルトを緩める
    1. ドレインボルトは舐めやすいのがヤマハでも認識しており、以降のバイクでは改善が行われています。
    2. 対応しているのは250ccのスクーター「マジェスティ」
  2. オイルを抜く
    1. だいたい2回オイル交換をする毎にエレメント(オイルフィルター)を交換とか
  3. オイルを抜いたらドレインボルトを閉めて、エンジン右下のオイルレベル点検窓を確認しながらオイルを入れていく
    1. エンジン内に若干オイルが残っているので必ずしも規定量入るとは限らない
  • オイルを入れすぎるとニュートラルに入りにくくなる等の不具合が出るという報告もあります
  • 規定量を守り、ゲージを見て入れるようにしましょう

廃オイルの処理

  • ガソリンスタンドに処分を依頼
  • 買ったショップに処分を依頼
    • オイル交換はショップに依頼してもそれほど費用がかかるわけではないので全部依頼しても良いかも。
    • 逆に、廃オイルの処理先がある場合はショップに依頼するほどのことでもないので自分でやるのが良いと思います

コメント(編集できない人用)

コメントはありません。 Comments/オイル交換?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-24 (日) 19:24:54 (2066d)